変形性膝関節症・膝周囲の痛み

変形性膝関節症や膝周囲の痛み

あなたはこのような症状でお困りではありませんか?

立ったり座ったり膝を動かすと痛みがある
長く歩くと痛みがある
階段や坂道の上り下りがしんどい
急に痛くなることがある
足や身体が捻れてる気がする
手術は出来るだけしたくない 手術をしたけど痛みが残っている

あなたの膝の痛みが改善しない理由

膝の痛みで病院に行くと、レントゲンを見て
「変形性膝関節症ですね」「軟骨がすり減ってますよ」
「半月板が損傷してますね」「骨にトゲが出来てますよ」
と言われ、
「注射や痛み止めで様子を見ましょう」「温めて電気を当てて様子を見ましょう」
「太もものトレーニングをしてください」「注射や痛み止めが効かなかったら手術が必要ですね」

などなど言われるかと思います。

そこで実際に、注射をして、痛み止めを飲んで、温めて電気を当てて、太もものトレーニングをしても膝の痛みが改善されず、手術をしてみたけどそれでも痛みが変わらない方がおられます。

なぜ、手術までしたのに膝の痛みが改善されないのでしょうか?

膝の痛みの原因

それは、膝の痛みを出している本当の原因が、膝の軟骨のすり減りや骨のトゲ、半月板ではなく、
過去の捻挫や長年の立ち方の癖等で膝がねじれ、物理的に関節に負担がかかる
ことで痛みを出しています。

またさらに、膝が捻れることで膝の周囲にある、膝関節の動きをスムーズにしクッションの役割をする、

脂肪体の動きが悪くなる
ことで痛みを出しています。
(手術で脂肪体が傷ついたり、年齢と共に組織が固くなりスムーズに動かなくなります)

また膝のねじれや脂肪体はレントゲンに映らないので、病院等では見逃されることが多いです。
(骨の変形が進んでいたりロッキング現象が起こる場合、手術が必要なケースももちろんあります)

当院の施術

当院では、まずお身体のチェックをさせていただきます。

チェック後、もちろん膝に直接アプローチするのですが、膝の痛みを引き起こす捻れの原因である足首や股関節、骨盤や腰の調整も行うことで、膝が伸びて徐々に痛みが減り、歩きやすくなり姿勢も良くなります。
(膝が曲り伸びないことで、股関節や腰、背中も伸びなくなり、高齢者に多い前傾姿勢になると歩幅が小さくなり、さっと動けなくなります)

 

当院では画像検査に映らない膝の痛みの原因を、お身体を動かしながらチェックと調整を繰り返し行うことで、徐々に痛みのない快適な生活を取り戻すお手伝いをさせていただきます。
いろいろと通ってみたけれど改善しなかった痛みやしびれも諦めずに一度当院にご相談ください。
再び痛みの無い快適な生活を取り戻せるよう一緒に頑張りましょう!

ご相談、お問い合わせはこちらのお問合せから、またはLINEかお電話からお願いいたします。

整体院 樹-ITSUKI-
内田博樹

#変形性膝関節症 #膝周囲の痛み #鵞足炎 #腸脛靭帯炎 #膝蓋下脂肪体 #ヒアルロン酸注射 #股関節周囲の痛み #鼠蹊部の痛み #変形性股関節症 #臼蓋形成不全 #先天性股関節脱臼 #産後の腰痛 #骨盤矯正 #椎間板ヘルニア #脊柱管狭窄症 #足のしびれ #腰痛 #神経痛 #AKS療法 #神戸 #鈴蘭台 #西鈴蘭台 #整体院 #樹 #itsuki

 

関連記事

  1. 脊柱管狭窄症・椎間板ヘルニア

  2. 腰痛と緊急事態宣言とロコモの関係

  3. 歯の治療と腰痛と

  4. ゴルフと腰痛と膝痛と

  5. タンパク質足りてますか?

  6. 頭の骨と呼吸と腰痛と

PAGE TOP